会長挨拶



瀬谷区歯科医師会

会長 大内 昇

   会長挨拶


瀬谷区歯科医師会ホームページ”をご覧いただきありがとうございます


 わが国では、公衆衛生水準や医学医療技術の向上、個人の予防に対する意識の向上等の理由から世界一の長寿国となりました。
近年では単に長生きするというだけではなく、健康に長生きをするという意識の芽生えから‘健康寿命’という言葉もしばしば耳にするようになりました。
心身ともに健康に長生きをするためには、お口の状態・機能が大きくかかわっています。健康と要介護の間には、‘フレイル’の状態( 筋力や心身の活力の低下)があります。その初期の段階に‘オーラルフレイル’(ささいな口の機能の衰え)の症状が現れます。フレイルから続く要介護状態に陥ることなく、健やかに自立した暮らしを長く保つためには、オーラルフレイルに早く気づきその予防や原因の改善に努力することが重要です。
私たち歯科医師は、皆さま方が一生に亘って美味しく楽しく食事ができ、健康に笑顔で暮らせられることを願い、そのお手伝いができるよう努力しております。

瀬谷区歯科医師会は、
・しっかりと研鑚を積み、地域の皆さまの健康増進・疾病予防に努める。
・行政・自治会・各種団体等の行う地域保健・公衆衛生活動・災害対策に積極的に参加し、その向上のために努力する。
の2つの仕事に取り組んでおります。

 瀬谷区歯科医師会会員は、日本歯科医師会生涯研修を受講履修し日々研鑚を積んでおります。どうぞお困り事がございましたら安心してご相談ください。
また新しい時代に対応できる歯科医師会として更なる活動を考えてまいりたいと思っていますので、ご意見、ご要望等がございましたらお申し付け下さいますようお願いいたします。
 よろしくお願い申し上げます。
瀬谷区歯科医師会  
                     会長 大内 昇
 
‘主な事業内容’
・1歳半及び3歳児の乳幼児歯科健康診断
・成人を対象にした歯周病予防教室、食生活等改善推進員セミナー
・小中高等学校歯科健診・横浜市保育園入所児童歯科健診
・心身障害児(者)歯科診療・在宅寝たきり高齢者への瀬谷区訪問歯科診療事業
・神奈川県歯科医師会に委託されている県後期高齢者広域連合の健診事業をはじめとする各種検診事業の実施
・40歳50歳60歳70歳の方への横浜市歯周疾患節目検診 
・歯と口の健康週間行事(未就学児対象フッ素塗布、歯科相談、刷掃指導、
保護者の歯科相談など)
・講演会
・8020推進事業高齢者良い歯のコンクール 
・健康づくり月間事業〜瀬谷フェスティバル〜(歯科相談、パンフレット配布)  
・妊婦歯科検診
・口腔ガン検診
・地域健康づくり教室での講演・実習
・地域ケアプラザ、介護施設、老人ホーム等での講話、口腔ケア実習
など
歯科医師会とは

 歯科医師を会員とする学術団体であり、その規模により日本歯科医師会、神奈川県歯科医師会、横浜市歯科医師会、瀬谷区歯科医師会という構成になっています。歯科医師会の目的は、医道の高揚と歯科医学の進歩発展および公衆衛生の普及向上をはかり、社会福祉を増進する事にあり、それに沿った種々の事業を展開しています。瀬谷歯科医師会も微力ながらその目的に邁進しております。
 しかし歯科医師会への入会は任意入会であり、弁護士さんの様に弁護士会に入会しなければ弁護士活動が出来ないような組織ではありません。歯科医師となって開業しても歯科医師会に入会しない人がいるのも事実です。しかし、歯科医師法第1の章第1条にあるように『公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。』という条文がある以上、歯科医師となったら歯科医師会に入会して地域住民への奉仕活動を行っていただきたいものです。昨今の風潮なのか自分の診療所さえ良ければ良いという考えはとても残念な事と思います。

【 瀬谷区歯科医師会 】




BACK